mushrooms-3644784_640.jpg

先程放送されていた「ジャニーズWESTの激ハネ」

テレビの番組表を見ると、桐山くんが1kg5000円以上する幻の深海魚のほうが大きく取り上げられていました。
小瀧くんが紹介していたジャンボエリンギは、あれ?と思うほど小さい見出し・・・。

でも、現実的に食材としての手に入りやすさといえば、
断然、小瀧くんが紹介していたジャンボエリンギのほう。

和歌山県の白浜でのロケだったようなので、ちなみにで調べてみました。



きのこといえばHOKUTO(ホクト)だけれど・・・


ホクトのページを見てみると、おなじみのホクトのエリンギが載っていました(当たり前か・・・)
▼    ▼    ▼    ▼
https://www.hokto-kinoko.co.jp/kinoko/eringi/

でも、ジャンボとは書いておらず、スーパーで見るエリンギは、大きいものと小さいものの組み合わせであることが多いですよね。


生産センターを見ると、近畿圏には生産所はありませんでした。



ジャンボエリンギで調べてみると・・・


一番上にヒットするのが、株式会社きんかい茸さんのページ。
▼    ▼    ▼    ▼
http://www.kinkaikinoko.co.jp/archives/416/

やはり、白浜という言葉を入れないとでてこないようです。



ジャンボエリンギ 和歌山県産品カタログに


白浜の言葉をつけて、ジャンボエリンギを調べると、
和歌山県産品カタログというページに。

いろんな名産あるんですね。

その中にしっかりありました。
▼    ▼    ▼    ▼
https://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/071700/database/products/3449.html

100グラムあたり130円なので、やや割高程度で、
バカ高いということはないようです。




ジャンボエリンギ 楽天で買えるのかな?


そう思って念の為調べてみました。

ジャンボエリンギとしては、ヒットはしませんでした。




エリンギ 美味しい食べ方の意外な盲点


エリンギといえば、どのようにして調理していますか?

自分でしなくても、どのような印象があるでしょうか?


私は、勝手に立てに適度な大きさに切ったものしか見たことがありませんでしたが、
どんな使い方されてますか?


調べていくうちに、面白いものを見つけました。


メシ通さんのページ
【激ウマ節約つまみ】「エリンギ」をコスパ最強にする「意外な切り方」【噂の筋肉料理人】
▼    ▼    ▼    ▼
https://www.hotpepper.jp/mesitsu/entry/kinniku/17-00034

タイトルからして面白そうですが、内容は以外にも、私にとっては斬新でした。

ん~、なるほど・・・と思えたもの。

一見出来上がりを見ると、「どこにエリンギ?」とおもうのですが、
よく見ると、丸い物体がチラホラ・・・。

そうです。

なんと、輪切りにしていました。

想像もしていなかったけれど、
なるほどいろいろな方法あるもんだ・・と思いました。


内容は、記事をご覧いただけるとわかるので割愛しますが、
エリンギ・厚揚げ・豚肉・わかめというシンプルなもの。

貝も魚もないのに、まるでホタテが入ったような中華の海鮮風に仕上がっていました。

見た目もそうですが、食感も「ホタテ」のようだそうです。



ホクトのページにも、
「コリコリとした食感を楽しむことのできるきのこで、
ときにはまるでアワビのようと表現されることもある」と紹介されています。


ぶなしめじよりも人気あるようですね。

ヨーロッパや北アメリカを原産が原産とは知らなかった・・・。


今晩の一品にしようかな?