言葉の意味のカテゴリ記事一覧

これからの時間を、明るく楽しくかしこく生き抜く、がんばるあなたへ、お得で役立つ情報を集めたブログです。 ジャンルを問わず、気になったことや覚えておきたいこともここを見れば思い出す、そんな内容にも期待してください。 新しいものやお得な情報が好きなので、思いもよらない有料級の情報も手に入るかも・・・。

カテゴリ:言葉の意味

マストアイテムとは?

マストアイテムとは?


child-945422_1280.jpg



わからない・答えられない言葉シリーズ~

今回は、雑誌やTVなどでよく出てくる
ようになった「マストアイテム」について







マストアイテム 英訳


must item



マストアイテム 意味


「マストアイテム」とは

流行しているもの
あるいは機能的・便利であるなどの
理由から、手に入れておきたいもののこと
を指す。








「マスト」と「アイテム」の組み合わせで
作られている言葉とも言いますね。


マスト(mast)は
船の帆柱=帆を張るための柱、
または信号旗・航海灯・レーダーアンテナ
などを取り付けたり、
荷役デリックなどに用いたりする
柱状の構造物を言う とでてきますが、


言葉的には、
マスト(must)として用いられることが一般的には
多くなっているんですね。


マスト(must)は、 、
英語の授業で、「~せなばならない」
という意味の助動詞の印象がありますが、

俗に、絶対必要であること
欠かせないことまた、そのさま。

という意味で使われているのが実情です。


なので、
「マストアイテム」という言葉は、
是非とも手に入れておきたいもの
それらの中に欠かせないもの


として覚えるといいですね。



春のマストアイテム
女子人気のマストアイテム なんて表現を
見かけたら、思い出してみましょう~。


ちょっと賢くなりました?







カテゴリ
タグ

プライマリ(primary)とは?



わからない、説明できなかった言葉シリーズです。


hand-1106927_640.jpg







プライマリ(primary)とは


プライマリ(primary) (プライマリーともいう)

最初の。第一の。初歩の。初級の。
主要な。基礎的な。などの意味を持つ英単語。

いくつか同じ種類のものがある中で、主に選ばれるもの、
一番最初に選ばれるものなどの意味で使われるようです。







プライマリーのついで用いられる セカンダリ


プライマリの対でよく用いられるのは
「セカンダリ」(secondary)という言葉。

セカンダリは、二番目の、補助的な、などの意見。
では、三番目を意味することばは・・・「ターシャリ」(tertiary)
さらに、四番目を意味することばは、「クォータナリ」(quaternary)

と調べればでてきますが、あまり聞くことはないですね。

一対のプライマリとセカンダリ、
またはプライマリ一つに、セカンダリが複数
といった構成の場合が多いそうな・・・。








最近では、やはり「IT」の発展に伴って、
このような言葉が増えている印象です。

パソコン上で、飛び交う「サーバー」の用語の中に、
プライマリDNSサーバー
セカンダリDNSサーバー
そんな言葉、一度は見たことありませんか?




自分がいつも使っていても説明できないことってないですか?
それを解消するために、頭の整理を常にするために
自ら健忘録を作っていくことにしました。

と言って、かなり久しぶりになりました。

新聞やニュース・本を読むことをしてこなかったなら
(わたしのように・・・(笑))

わかってるようで、わかっていないことは多いです。

今からでも遅くはないということで。。。
カテゴリ
タグ

枚挙にいとまがないの意味 調べてみました。

child-945422_1280.jpg



あるレポートを読んでいて、わからない言葉が出てきました。

わからないことはすぐに調べて解決する癖をつけようと思います。
みんさんの参考になればうれしいです。



枚挙にいとまがないの意味


【読み方】  まいきょにいとまがない

【意味】   数え上げるときりがない
       数が多すぎて、きりがない
       数えられないほど沢山ある という意味の表現。

      「枚挙」は「数え上げる」という意味だそうです。

【類似表現】 枚挙に遑がない  正式はこれが正しい表現。
               「遑」が常用漢字ではないため、あまり使われないとか。
       枚挙に暇がない  「いとま」は感じで「暇」と書くそうです。
      





私は、小さい頃から、全く本を読まなかったので、
こういった「わからない」によく遭遇します。

そんなときには、ネットで調べれば、何でもでてくる世の中になりました。
スゴイものですね。


ただし、人間忘れる動物なので、やはり自分で意識して覚えようとしないと、「脳ミソ バ~ン」になり、
衰えていくだけなので、せめてすぐに見直せるように、残しておく必要性を感じました。

これから、自分で意識して残していくことで、同じように知らない方の手助けができればと思いました。
どのくらい挙げられるかな?
カテゴリ
タグ
Copyright © マル得情報局 ~もぎたて情報 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます